秀才(読み)シュウサイ

  • ▽秀才
  • しゅうさい シウ‥
  • しゅうさい〔シウ〕
  • すさい

デジタル大辞泉の解説

非常にすぐれた学問的才能。また、その持ち主。
中国で、科挙試験科目の一。のち、科挙に応じるおよび合格者をさすようになった。また、・清時代には・県学の在学生を称した。
律令制の官吏登用試験科目の一。また、その試験に合格した者。
《「す」は「しゅう」の直音表記》「しゅうさい(秀才)3」に同じ。
「人に文読ませなどするほどに、―四人まゐれり」〈宇津保・沖つ白浪〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

日本古代の律令制下に式部省が行った官人登用試験の一つ。博学高として大学などから貢挙されたものに,大きな論題二つを課し,上上~下下の9等に評価した。中上第までの4等が及第で,上上第は正八位上,上中第は正八位下を授けるがひじょうに難関であった。蔭位(おんい)資格者や孝悌で表彰されたものは,蔭位・叙階に一等を加えて叙すことになっていた。上下,中上第は式部留省であったが,802年(延暦21)にそれぞれ大初(そ)位上,大初位下に叙すことになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

優れた才能の意で、その持ち主をもいう。中国で、隋(ずい)時代から清(しん)代までのおよそ1900年間行われた科挙(高等官資格試験)の、唐代における主要科目の一つに秀才科があり、秀才はその受験資格の持ち主や試験合格者をさしていった。日本でも令(りょう)制によって制度化され、重要国策に関する問題を扱う方略策の試験及第者の称とした。そのため文章得業生の異称としても用いられ、のち、さらにこれが転じて、人並みはずれた才能やその持ち主をいうようになり、今日のように、天才に次ぐ才能を意味し、知能段階の序列を表すことばとしても用いられるようになった。

[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 令制の、官吏登用のための国家試験の科目の一つ。
※令義解(718)考課「凡秀才。試方略策二条
② ①の国家試験の合格者。
※令義解(718)選叙「凡秀才。取博学高才者
③ 文章得業生(もんじょうとくごうしょう)の異称。茂才。
※続日本後紀‐承和九年(842)一〇月丁丑「弱冠奉試補文章生、学業優長挙秀才
④ 昔、中国で行なわれた官吏登用試験科目。中唐以後廃絶。のち、科挙に応ずる者を一般に称した。また、明・清時代には府・州・県学の生員(在学生)をいった。
※両足院本山谷抄(1500頃)四「秀孝は秀は秀才ぞ。孝は孝廉直な者を科に挙ぞ」 〔唐六典‐巻四〕
⑤ すぐれた才能。また、その持ち主。学識・才芸などのすぐれた人。
※三十二番職人歌合(1494頃)三十一番「いたづらにふる身のはての愚昧なるをなげき他人の秀才なるをうらやみて自己の商売に懐をのぶ」 〔管子‐小匡〕
〘名〙 (「す」は「しう」の直音表記) 令制で大学寮の文章生の試験に及第したもの。しゅうさい。
※宇津保(970‐999頃)沖つ白浪「人に文読ませなどするほどに、すさい四人まゐれり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の秀才の言及

【紀伝道】より

…すなわち,教科内容は三史(《史記》《漢書》《後漢書》)その他の中国の歴史書や,《文選(もんぜん)》以下の中国の詩文などであり,教官には文章博士2人があたった。文章生は20人で,これを進士と称したが,その中の優秀な者2人を文章得業生とし,これは秀才と称した。また文章生の希望者が多いので,文章生候補者として,擬文章生20人が置かれた。…

【考試】より

…そして典薬寮の医・針生は,医・針博士が1ヵ月に一度試験し,典薬頭・介が一季ごとに試験したが,さらに宮内卿・輔が年終試を行った。つぎに中国の科挙にならった式部省による官人採用試験は,(1)秀才は博学高才のものを採り,方略試2条を試験して,上上~中上第の四等が及第,上上第は正八位上,上中第は正八位下に叙した。(2)明経(みようぎよう)は二経以上に通じたものを採る。…

※「秀才」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android