コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐香保 さかほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐香保 さかほ

?-? 江戸時代前期の遊女。
正保(しょうほ)(1644-48)のころの人。江戸吉原(よしわら)角町(すみちょう)の妓楼(ぎろう)並木屋の抱え。相思相愛西国の武士が帰郷して殉死したのを知り,尼となる。楼主が庵(いおり)をたててやろうとすると,「一物あれば一累あり」といってことわったという。法名貞閑

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐香保の関連キーワード遊女正保