正保(読み)ショウホウ

日本の元号がわかる事典の解説

しょうほう【正保】

日本の元号(年号)。江戸時代の1644年から1648年まで、後光明(ごこうみょう)天皇の代の元号。前元号は寛永(かんえい)。次元号は慶安(けいあん)。1644年(寛永21)12月16日改元。後光明天皇の即位にともない行われた(代始改元)。ひとつの元号が3人の天皇の治世にまたがった先例がないことも改元の理由になった。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。正保年間の江戸幕府の将軍は徳川家光(いえみつ)(3代)。後光明天皇は、1643年(寛永20)に姉の明正(めいしょう)天皇の譲位を受けて即位した。東福門院(とうふくもんいん)(徳川和子(かずこ)、第2代将軍徳川秀忠(ひでただ)の五女)が後光明の養母であったことから、幕府は外戚として朝廷に影響力を行使した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正保の関連情報