コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正保 ショウホウ

4件 の用語解説(正保の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうほう〔シヤウホウ〕【正保】

江戸初期、後光明天皇の時の年号。1644年12月16日~1648年2月15日。しょうほ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうほ【正保】

しょうほう【正保】

年号(1644.12.16~1648.2.15)。寛永の後、慶安の前。後光明ごこうみよう天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

しょうほう【正保】

日本の元号(年号)。江戸時代の1644年から1648年まで、後光明(ごこうみょう)天皇の代の元号。前元号は寛永(かんえい)。次元号は慶安(けいあん)。1644年(寛永21)12月16日改元。後光明天皇の即位にともない行われた(代始改元)。ひとつの元号が3人の天皇の治世にまたがった先例がないことも改元の理由になった。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。正保年間の江戸幕府の将軍は徳川家光(いえみつ)(3代)。後光明天皇は、1643年(寛永20)に姉の明正(めいしょう)天皇の譲位を受けて即位した。東福門院(とうふくもんいん)(徳川和子(かずこ)、第2代将軍徳川秀忠(ひでただ)の五女)が後光明の養母であったことから、幕府は外戚として朝廷に影響力を行使した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正保の関連キーワード元号私年号年号逸年号化政化政度寛永大化和暦江戸子守唄

正保の関連情報