コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正保 ショウホウ

デジタル大辞泉の解説

しょうほう〔シヤウホウ〕【正保】

江戸初期、後光明天皇の時の年号。1644年12月16日~1648年2月15日。しょうほ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうほ【正保】

しょうほう【正保】

年号(1644.12.16~1648.2.15)。寛永の後、慶安の前。後光明ごこうみよう天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しょうほう【正保】

日本の元号(年号)。江戸時代の1644年から1648年まで、後光明(ごこうみょう)天皇の代の元号。前元号は寛永(かんえい)。次元号は慶安(けいあん)。1644年(寛永21)12月16日改元。後光明天皇の即位にともない行われた(代始改元)。ひとつの元号が3人の天皇の治世にまたがった先例がないことも改元の理由になった。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。正保年間の江戸幕府の将軍は徳川家光(いえみつ)(3代)。後光明天皇は、1643年(寛永20)に姉の明正(めいしょう)天皇の譲位を受けて即位した。東福門院(とうふくもんいん)(徳川和子(かずこ)、第2代将軍徳川秀忠(ひでただ)の五女)が後光明の養母であったことから、幕府は外戚として朝廷に影響力を行使した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

正保の関連キーワードシケイラ=デ=ソウザ松平忠昭(2)キリシタン屋敷水野源左衛門山中源左衛門中尾庄右衛門矢部富右衛門糸縷権三郎日光例幣使水無瀬氏成正保日本図杉木光貞妻正保国絵図しんとく丸飛鳥井雅知戸沢姑射服部常春大西浄入植村泰朝鈴木正真

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正保の関連情報