コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体操競技の採点法 たいそうきょうぎのさいてんほう rule

翻訳|rule

1件 の用語解説(体操競技の採点法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

体操競技の採点法

長い間10点満点法が採られていたが、06年から大きく変更された。新しい採点法では、演技の最終得点はA審判の出すAスコア(A得点)とB審判が出すBスコア(B得点)を合計して出される。A得点は跳馬に関しては、あらかじめ決められているが、跳馬以外の種目では、Aスコアは、難度点と技グループ点、組合せ点を合計して出される。これまで個々の技の難易度の段階はE難度が最高であったが、新しい採点規則では、男子がF難度(0.6)、女子はG難度(0.7)が最高。Aスコアは演技の価値点であり、上位にくい込むには5点以上のAスコアが必要である。一方、BスコアはB審判が10点から姿勢欠点や落下等に対して減点した実施点である。演技の最終得点が14〜15点、また15点を超えるような点数は、きわめて高い得点である。

(佐野淳 筑波大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

体操競技の採点法の関連キーワード制服荒田痼疾ジャッジペーパー久久満点無点法住み来評点法テンポイントマストシステム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone