コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体積分 たいせきぶんvolume integral

世界大百科事典 第2版の解説

たいせきぶん【体積分 volume integral】

xyz空間における領域Aと,Aで定義された関数f(x,y,z)があるとき,空間における体積要素dVdxdydzに関する関数fの領域Aにおける積分を体積分と呼び,と書く。体積分とは要するに空間領域における通常の積分であるが,線積分や面積分ということばに対応して使われることばである。物理的には,密度分布f(x,y,z)をもつ物体Aの質量がであり,その物体の重心のx座標は,で与えられる(重心のy座標,z座標についても同様である)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

体積分の関連キーワードアインシュタインの粘度式ドゥーリットル粘度式ガウスの定理アヴラミの式鉱物容量比ことば物体重心

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android