コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作り子 ツクリゴ

デジタル大辞泉の解説

つくり‐ご【作り子】

中世、種子・肥料・農具などを地主から借り受けて耕作した小作農民。地主のためのさまざまな労役義務を負った。名子(なご)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくりこ【作り子】

名主・親方百姓などと呼ばれる耕作権所有者の下にあって、農具・種子などの生産手段を供与されつつ耕作に従事する下層農民。名子・被官・下人などといわれる階層と重なり合っていると考えられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

作り子の関連情報