コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使用済み核燃料の再処理

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

使用済み核燃料の再処理

ウラン燃料を原発で使った後の使用済み核燃料は強い放射性廃棄物であると同時に、プルトニウムを含む。日本は再処理でプルトニウムを取り出し、燃料に使う全量再処理・核燃料サイクルを目指す。現状、日本のプルトニウム約45トンの4分の3は過去に再処理を依頼した英仏で保管。再処理は割高で核拡散リスクもあるため撤退する国が多い。日本の路線をどうするかが現在議論されている。

(2012-06-06 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

使用済み核燃料の再処理の関連キーワードウランの転換工場と再転換工場国際原子力パートナーシップ使用済み核燃料返還の覚書日本原子力発電と日本原燃ラジオ・アイソトープ原子力への国家支援ピューレックス法日米新原子力協定放射性廃棄物管理日米原子力協定核燃料と核兵器日本原燃(株)混合酸化物燃料バックエンド海洋汚染群分離アレバ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

使用済み核燃料の再処理の関連情報