コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本原燃 ニホンゲンネン

デジタル大辞泉の解説

にほん‐げんねん【日本原燃】

核燃料サイクル事業化を目的として設立された株式会社。電力会社と日本原子力発電の出資により、日本原燃サービスの名称で昭和55年(1980)に発足。平成4年(1992)に日本原燃産業と合併して現在の名称となる。本社は青森県上北郡六ヶ所村。低レベル放射性廃棄物の埋設、高レベル放射性廃棄物の貯蔵管理などの事業を行う。原燃。JNFL(Japan Nuclear Fuel Limited)。→核燃料再処理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本原燃

原発から出る使用済み核燃料再処理する事業を担う。青森県六ケ所村で再処理工場のほか、ウラン濃縮工場などを建設、運営する。1980年に前身の会社が設立された。出資比率では、原発を持つ電力会社10社が計91・2%で、東電が28・6%で最大。92年に合併で現在の会社になり、歴代の社長は全員が東電出身。事業は、電力会社10社が再処理のために積み立てた資金で行われ、電力各社はその資金分を電気料金に含めている。

(2013-12-22 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本原燃の関連キーワード青森県六ケ所村の核燃料再処理工場むつ小川原地域・産業振興財団使用済み核燃料返還の覚書日本原子力発電と日本原燃世界のウラン濃縮工場むつ小川原開発地区MOX燃料加工工場混合酸化物燃料日本原燃(株)原子力政策大綱ビルドアップ放射性廃棄物ウラン濃縮MOX燃料核燃料施設アレバ社保障措置ウラン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本原燃の関連情報