コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再処理工場 サイショリコウジョウ

2件 の用語解説(再処理工場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいしょり‐こうじょう〔‐コウヂヤウ〕【再処理工場】

各地の原子力発電所から使用済みの核燃料を集め、ウランプルトニウムを取り出す工場。核燃料から抽出されたウランプルトニウムMOX燃料として再利用される。残りの物質は放射性廃棄物として貯蔵・処分される。再処理施設使用済み核燃料再処理工場。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

再処理工場

原子力発電所の使用済み核燃料からプルトニウムを抽出する工場。プルトニウムは別の加工工場でウランと混ぜ、混合酸化物(MOX)燃料にして原発で再利用する。この「プルサーマル計画」は原発のトラブル隠しや事故が続き、実施が遅れている。核兵器の原料になるプルトニウムは、余分に持つとテロの対象となる恐れもある。再処理工場から放出される放射線量は年間0・022ミリシーベルト。また、女川原発(宮城県女川町)、東通原発(青森県東通村)を持つ東北電力によると、原発から出る放射線量は測定可能な最少値の0・001ミリシーベルトを下回るという。いずれも、人間が食べ物や大地から受ける自然放射線量(世界平均)の2・4ミリシーベルトを下回っている。

(2006-04-09 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再処理工場の関連キーワード国際原子力パートナーシップ使用済核燃料核燃料税原子力施設核燃料と核兵器国際原子力パートナーシップ(GNEP)使用済み核燃料中間貯蔵施設使用済み核燃料の再処理高浜原発使用済み核燃料返還の覚書

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

再処理工場の関連情報