コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例する レイスル

デジタル大辞泉の解説

れい・する【例する】

[動サ変][文]れい・す[サ変]例をあげる。例として示す。
「立憲自由党の今日ある所以を―・せしめば」〈利光鶴松・政党評判記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいする【例する】

( 動サ変 ) [文] サ変 れい・す
例をあげる。典拠を示す。 「 - ・して言えば…」
通例になる。 「 - ・することは九月ばかりよりせぬ/宇津保 俊蔭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

例するの関連キーワードベルゴニー‐トリボンドーの法則ラングミュア‐チャイルドの法則ボルツマンのエントロピー仮説ノイマンの法則(感応起電力)ベルヌーイ‐オイラーの法則ファラデーの電気分解の法則スターティヴァントの法則フェリー‐ポーターの法則シュッツ‐ボリソフの法則ランベルトボイル=シャルルの法則シャルパンティエの法則スターリングの心臓法則コルモゴロフスペクトルファンデルワールス力アムバールの第一法則ニュートンの冷却法則ニュートンの粘性則ファラデーの法則モーズリーの法則

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

例するの関連情報