コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利光鶴松 としみつ つるまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

利光鶴松 としみつ-つるまつ

1864*-1945 明治-昭和時代前期の政治家,実業家。
文久3年12月29日生まれ。東京市会議員をへて明治31年衆議院議員(当選2回)。実業界に転じ,43年鬼怒川水力電気をおこす。大正12年小田原急行鉄道を設立して社長となる。昭和16年小田急電鉄と改称後,経営権を五島慶太にゆずり引退。昭和20年7月4日死去。83歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。明治法律学校(現明大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

利光鶴松の関連キーワード小田急電鉄(株)12月31日例する実業家風倒純直中和伴随除斥絶息余日省慮放笑笑柄振張妙妙酔眠飄乎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android