所以(読み)ゆえん

精選版 日本国語大辞典「所以」の解説

ゆえん ゆゑん【所以】

〘名〙 (漢文訓読語の「ゆえになり」が撥音便化して「ゆえんなり」となったところから生じたとする説と、「ゆえなり」が撥音を加えて「ゆえんなり」となったところから生じたとする説とある)
① (━する) あることがらの理由になること。あることがらによっていること。また、その、よってきたるところ。理由。わけ。いわれ。
※高野山親王院蔵大日経天喜六年点(1058)「無相なるが故(ゆエン)なり」
② あることを行なうやり方。
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の本質「日本の人とは何ぞや。吾れ答ふる以を知る、吾れ答ふる所以を忘る」

そえ そゑ【所以】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「所以」の解説

ゆえん〔ゆゑん〕【所以】

《漢文訓読語の「ゆえになり」の音変化「ゆえんなり」からか》わけ。いわれ。理由。「人の人たる所以」「彼が好かれる所以は明るさにある」
[類語]理由いわれ曰く事由所由事情諸事情根拠意味原因故由ゆえよし事訳ことわけわけ合い訳柄わけがら子細

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android