所以(読み)ユエン

デジタル大辞泉の解説

ゆえん〔ゆゑん〕【所以】

《漢文訓読語の「故(ゆえ)になり」の音変化「ゆえんなり」からか》わけ。いわれ。理由。「人の人たる所以」「彼が好かれる所以は明るさにある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆえん【所以】

〔漢文訓読語である「ゆえになり」の転「ゆえんなり」から生じた語かという〕
いわれ。わけ。理由。 「彼を不世出の作家とする-はここにある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そえ そゑ【所以】

ゆえん ゆゑん【所以】

〘名〙 (漢文訓読語の「ゆえになり」が撥音便化して「ゆえんなり」となったところから生じたとする説と、「ゆえなり」が撥音を加えて「ゆえんなり」となったところから生じたとする説とある)
① (━する) あることがらの理由になること。あることがらによっていること。また、その、よってきたるところ。理由。わけ。いわれ。
※高野山親王院蔵大日経天喜六年点(1058)「無相なるが故(ゆエン)なり」
② あることを行なうやり方。
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の本質「日本の人とは何ぞや。吾れ答ふる所以を知る、吾れ答ふる所以を忘る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

所以の関連情報