供講(読み)クコウ

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐こう【供講】

〘名〙 仏語。経典を書写して、それを供養し読すること。
※性霊集‐七(835頃)為知識華厳会願文一首「奉写華厳経一部八十巻、聊設法筵。供講事畢矣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android