コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講讃 こうさん

世界大百科事典 第2版の解説

こうさん【講讃】

仏事の法要の分類名。経や論を讃えてその内容を講じ,そのことの功徳(くどく)を期する法要。顕教立(けんぎようだて)の法要の代表的なもの。講ずる対象によって〈華厳経講讃〉〈法華経講讃〉などと称する。講讃には論義(質疑の問答)が付くことが多く,その時は〈講問〉とも称する。講ずる内容が多くて数座にわたる講讃は〈法華八講〉〈最勝十講〉などと称する。法華八講は法華経全8巻を8座に分けた講讃で,毎日の朝座(あさざ),夕座(ゆうざ)の2座を4日間続けて完了するのを本儀とするが,日数を短縮したり,座数を減じたりすることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐さん【講×讃】

仏教で、経文の意味・内容を講義し、その功徳をたたえること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

講讃の関連キーワード講座(高座)聖徳太子像四箇法要吉谷覚寿法華会斑鳩寺観音講成実宗久米寺唯識会梵網会密教立講式講師仏教供講尊智表白

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android