性霊集(読み)しょうりょうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

性霊集
しょうりょうしゅう

空海がおりに触れて作った詩文を,弟子真済 (800~860) が 10巻に編集したもの。正しくは,『遍照発揮性霊集』といい,空海の生涯を研究する場合に重要な資料である。 10巻のうち8,9,10巻が失われたので,仁和寺済暹が空海の遺文をさらに3巻に蒐集して残存の7巻の末尾に付したものが残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうりょうしゅう〔シヤウリヤウシフ〕【性霊集】

平安初期の漢詩文集。10巻。空海の詩・碑文願文などを弟子の真済(しんぜい)が集成承和2年(835)ごろ成立。のちに末尾3巻が散逸したが、承暦3年(1079)済暹(さいせん)が逸文を集めて「続性霊集補闕鈔」として補集。遍照発揮性霊集。せいれいしゅう。

せいれいしゅう〔セイレイシフ〕【性霊集】

しょうりょうしゅう(性霊集)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

性霊集【しょうりょうしゅう】

空海の漢詩文集。〈せいれいしゅう〉とも。《遍照発揮(へんじょうほっき)性霊集》の略称。弟子の真済(しんぜい)の編。もと全10巻あったが,終わりの3巻が散逸したために,1079年に弟子の済暹(さいせん)が遺稿を集めて《続性霊集補闕鈔》3巻を補い,再び10巻に復した。詩賦類・碑銘類・表啓類・願文類などに分類してあり,後世の僧は文章を作る際の手本とした。消息往来を集めた《高野雑筆集》全2巻とともに,当時の宗教,文学,政治などを知る好資料。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうりょうしゅう【性霊集】

〈せいれいしゅう〉ともいい,詳しくは《遍照発揮(へんじようほつき∥へんじようはつき)性霊集》という。空海(弘法大師)の詩文などを集めて10巻としたもの。編者は空海の弟子真済(しんぜい)で,のち8,9,10の3巻が散逸したため,1079年(承暦3)に済暹(さいせん)が補い,《続性霊集補闕鈔》3巻を編集して巻数を旧に復した。時代的には804年(延暦23)から834年(承和1)まで31年間の空海の文集約111首を収めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうりょうしゅう【性霊集】

平安初期の漢詩文集。一〇巻。空海作、真済しんぜい編。835年頃成立。詩・碑文・啓・願文など、約一一〇編を収める。のちに巻八・九・一〇が散逸したが、1079年済暹さいせんが逸文を集めて「続性霊集補闕鈔」として編んで補った。せいれいしゅう。遍照発揮へんじようほつき性霊集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

性霊集
しょうりょうしゅう

平安初期の漢詩文集。正しくは『遍照発揮(へんじょうほっき)性霊集』。10巻。空海作。弟子の真済(しんぜい)が編纂(へんさん)したもので、当初10巻であったが、巻8以下の3巻が散逸し、1079年(承暦3)に済暹(さいせん)が逸文を拾集して『続(ぞく)性霊集補闕鈔(ほけつしょう)』3巻を編み、ふたたび10巻に編纂した。空海の作品として確実なもの108編。詩、碑文、願文、表白などに分類されているが、その華麗豊贍(かれいほうせん)な詩文に作者の卓抜した才能がうかがえる。後世僧侶(そうりょ)たちが詩文の手本にしたが、また当時の漢詩文を知るうえで貴重な資料である。[大曽根章介]
『渡辺照宏・宮坂宥勝校注『日本古典文学大系71 三教指帰・性霊集』(1965・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうりょうしゅう シャウリャウシフ【性霊集】

平安前期の漢詩文集。一〇巻。真済(しんぜい)が承和二年(八三五)頃に編集。空海の詩賦・碑銘・表啓・願文などを集成したもの。後に巻八・九・一〇が散逸したが、済暹(さいせん)が承暦三年(一〇七九)に逸文を「続性霊集補闕鈔」として編んだものをもって補い、一〇巻に復した。遍照発揮(へんじょうほっき)性霊集。せいれいしゅう。

せいれいしゅう ‥シフ【性霊集】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android