供養塔(読み)クヨウトウ

大辞林 第三版の解説

くようとう【供養塔】

死者の供養のために、または供養会を行なったしるしとして建てる塔。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くよう‐とう クヤウタフ【供養塔】

〘名〙 供養のために建てた塔。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉九「供養塔が立って居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の供養塔の言及

【卒塔婆】より

…死者の供養塔や墓標として作られ,頭部に五輪形を刻み,梵字などを記した板木。卒都婆,率都婆などとも書く。…

※「供養塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

供養塔の関連情報