コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俚び/里び サトビ

デジタル大辞泉の解説

さと‐び【×俚び/里び】

田舎びていること。田舎じみていること。多く、名詞の上に付けて用いる。「―歌」⇔雅(みや)び
「雅(みやび)と―とのけぢめを」〈玉勝間・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さとび【俚び】

〔動詞「俚ぶ」の連用形から〕
いなかじみていること。卑俗なこと。 ⇔ みやび 「雅びと-とのけじめをわきまへ知るべきわざになむ/玉勝間」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

俚び/里びの関連キーワード俚び言葉連用形けじめ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android