コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉勝間 たまかつま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉勝間
たまかつま

江戸時代後期の随筆集。本居宣長著。 14巻,目録1巻。寛政5 (1793) 年から没年享和1 (1801) 年にかけて執筆。寛政7 (1795) ~文化9 (1812) 年刊刊本では 1001項目,神祇有職故実,文学,芸能,言語,古学漢学洋学など多方面にわたっての考証論評が行われており,彼の人生観,文学観を知るうえで好適な資料。文体は平易な擬古文

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たま‐かつま【玉勝間】

[名]かつまの美称。編み目の細かい竹籠。
[枕]かつまの中子(なかご)と蓋(ふた)が合い、その編み目が締まっている意から、「あふ」「しま」にかかる。
「―逢はむと言ふは誰(たれ)なるか」〈・二九一六〉

たまかつま【玉勝間】[書名]

江戸後期の随筆。14巻、目録1巻。本居宣長(もとおりのりなが)著。寛政5年(1793)起稿し、享和元年(1801)に没するまで書き続けた。寛政7~文化9年(1795~1812)刊。宣長の学問・芸術・人生への考えを記したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

玉勝間【たまかつま】

本居宣長(もとおりのりなが)の随筆。1795年―1812年刊。14巻,目録1巻。〈かつま〉は〈かご〉を意味する古語。宣長が古典研究で得た知見を収め,有職(ゆうそく)制度,語源考証,聞書抄録など多様な分野にわたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまかつま【玉勝間】

本居宣長の随筆。14巻。目録1巻。1793年(寛政5)起筆。1795‐1812年(寛政7‐文化9)刊。書名は〈かご〉を意味する古語〈かつま〉の美称。宣長が《古事記伝》をはじめとする古典研究の副産物として得た知見を,有職制度,語源考証,聞書抄録など多様な分野にわたって自由なスタイルで書きとどめた文章をすべて1005項目収めている。江戸時代における和文による学問的散文の一水準を示している。【野口 武彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たまかつま【玉勝間】

( 名 )
〔「たま」は美称〕 目の細かい籠かご。 → かつま
( 枕詞 )
「勝間」の蓋と身とが合うところからとも、編み目が固く編み合わされてしまっていることからともいい、「逢ふ」「安倍島山」「島熊山」などにかかる。 「 -逢はむと言ふは誰なるか/万葉集 2916」 「 -島熊山の夕暮れに/万葉集 3193

たまかつま【玉勝間】

随筆集。本居宣長著。一四巻、目録一冊。1793年起稿し没年の1801年まで書き続けた。内容は学問・思想の全般にわたり、宣長の人生観・古道観・芸術論などを知ることができる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉勝間
たまかつま

本居宣長(もとおりのりなが)の漫筆ともいうべき著書。全14巻。1793年(寛政5)から起稿し、順次出版の準備をしていったが、宣長存命中に清書原稿が完了したのは12巻までである。13巻、14巻の脱稿日は明らかでない。出版は第一編(1~3巻)が95年、第二編(4~6巻)が97年、第三編(7~9巻)が99年である。第四編(10~12巻)は宣長没後の1802年(享和2)、第五編(13、14、目録一巻)は12年(文化9)である。その内容は、古書からの抜き書き、弟子から受けた質問への答え、方言や地誌、自らの学問上の思い出など、生涯を振り返っての、自らの学問、生活、思想信条などの覚え書きとなっている。[萱沼紀子]
『『玉勝間』(岩波文庫) ▽大久保正編『本居宣長全集1』(1968・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

玉勝間の関連キーワード本居宣長(国学者、神道学者)政所(滋賀県)上つ世・上つ代夢の浮き橋三重(県)安部惟貞植村禹言植松有信エッセイ石原正明御国言葉古学び初学びふくさ未だし芸術論万葉集雅び言俚び言俚び心

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android