コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保全工学 ほぜんこうがくmaintenance engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保全工学
ほぜんこうがく
maintenance engineering

人工システムの信頼性や稼働率を高め,安全を保持するための技術を総合し,体系化した工学。具体的には,異常の検出技術や予知技術,状態診断技術からロボット技術,故障物理,信頼性技術が含まれる。工学技術の発展に伴い,人工システムも複雑化,高度化,普遍化しており,これの保全は社会的課題となっている。しかし,保全工学は応用範囲が広範であり,異分野の技術を包含するため,学問としての体系化は現在も進行段階にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保全工学の関連情報