コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保定軍官学校 ほていぐんかんがっこう Bǎo dìng jūn guān xué xiào

1件 の用語解説(保定軍官学校の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほていぐんかんがっこう【保定軍官学校 Bǎo dìng jūn guān xué xiào】

中国,清末から民国初期にかけて河北省保定市に存在した北洋軍閥系の軍官学校。袁世凱が1902年(光緒28)創立の保定速成武備学堂を発展させて,06年保定軍官学堂として開学し,辛亥革命後,保定軍官学校と改称した。歩・騎・砲・工・輜重(しちよう)の5兵科をもち,修学期間は1~2年で,各種軍事学,外国語などの授業と軍事訓練を行った。1912‐17年の入学者は5000名をこえ,蔣介石も入学し,卒業生の中には張敬尭,葉挺,白崇禧,唐生智らがいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

保定軍官学校の関連キーワード徐世昌河北省胡漢民直隷直隷派あっぱっぱ時文舎密段袋保定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone