白崇禧(読み)ハクスウキ

百科事典マイペディアの解説

白崇禧【はくすうき】

中国,国民政府の軍人・政治家。広西の人。北伐のとき,国民革命軍総司令部参謀長となり上海に進出。国民政府委員・財政委員などを歴任して,1927年上海四・一二クーデタを指導,1928年李宗仁らと広西派を結成。反蒋運動に失敗したが,1931年蒋介石と和解。1946年国防部長。台湾では戦略顧問委員会副主任などを務めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白崇禧
はくすうき / パイチョンシー
(1893―1966)

中国の軍人、政治家。字(あざな)は健生。桂林(けいりん)出身。1916年に保定軍官学校を卒業して軍役につき、1926年国民革命軍総司令部参謀長に就任、翌1927年からの北伐では東路軍前敵総指揮。1928年以来、李宗仁(りそうじん)らと広西派の地盤を固め、蒋介石(しょうかいせき)と対立、1930年には反蒋運動に参加、妥協が成立して1931年には国民党第4期中央執行委員。日中戦争ではむしろ沈黙し、戦後の1946年国防部長、1949年華中軍政長官などを歴任。人民解放軍に敗退して台湾に逃れ、1950年以来、国民党中央委員などを歴任した。[加藤祐三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はく‐すうき【白崇禧】

中国の軍人。字は健生。桂林出身。広西派軍閥の指導者として、北伐後、蒋介石と対立。満州事変後蒋と妥協し、国共内戦中、華中軍政長官として中国共産党軍に敗れ、台湾に逃れた。(一八九三‐一九六六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の白崇禧の言及

【李宗仁】より

…1926年国民革命軍第7軍軍長として北伐に参加。北伐完成後,蔣介石により武漢政治分会主席,第4集団軍総司令に任命されたが,29年以降蔣介石と対立し,白崇禧(1893‐1966)とともに広西軍閥の頭目として8年間割拠した。日中戦争では蔣介石と和解し,第5戦区総司令として従軍。…

※「白崇禧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android