コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保田(やすだ)和紙

1件 の用語解説(保田(やすだ)和紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

保田(やすだ)和紙

和歌山県有田川町清水で生産される和紙。原料はコウゾ江戸時代に紀州徳川初代藩主・徳川頼宣公が奨励し、製造が始まったとされる。かつては和傘、うちわなどに多く用いられた。その後衰退し、昭和40年代に一度生産が途絶えたが、1979年、同町の高齢者生産活動センター開業をきっかけに復興。「保田紙(やすだがみ)」「清水紙」ともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保田(やすだ)和紙の関連キーワード和歌山県有田郡有田川町粟生和歌山県有田郡有田川町出和歌山県有田郡有田川町植野和歌山県有田郡有田川町奥和歌山県有田郡有田川町金屋和歌山県有田郡有田川町清水和歌山県有田郡有田川町角和歌山県有田郡有田川町中峯和歌山県有田郡有田川町二川和歌山県有田郡有田川町三田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone