コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保田(やすだ)和紙

デジタル大辞泉プラスの解説

保田(やすだ)和紙

和歌山県有田川町清水で生産される和紙。原料はコウゾ江戸時代に紀州徳川初代藩主・徳川頼宣公が奨励し、製造が始まったとされる。かつては和傘うちわなどに多く用いられた。その後衰退し、昭和40年代に一度生産が途絶えたが、1979年、同町の高齢者生産活動センター開業をきっかけに復興。「保田紙(やすだがみ)」「清水紙」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android