うちわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うちわ

団扇とも書く。打ちで,手であおいで風を送る道具。普通は細いタケを,手に持つ部分を残して細かく割り,開いて骨とし,紙,などを張ってつくるが,近年はプラスチック製の骨も多くみられる。起源は中国の周代 (前3世紀以前) にさかのぼり,日本には奈良時代に伝えられたといわれる。もとは貴人が自分の顔を隠すために用いた。うちわにはをとるためのものと,火を使うときに用いられるものがあり,後者にはを塗った渋うちわがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報