コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信号弾 しんごうだんsignal shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信号弾
しんごうだん
signal shell

拳銃,擲弾筒,打上げ筒などを使って発射され,空中で炸すると,色のついた光を発する弾丸。着色した煙をあげる信号煙火もある。黄,黒,赤,青,緑,白など多くの色があり,地上部隊間,地対空,軍用機間の連絡に使われる。色,炸烈の仕方などによって化学薬剤の組合せが異なるが,赤吊星弾 (炸烈すると赤い光を発しながら落ちてくる) では過塩素酸カリウム,硫黄,炭酸ストロンチウムが使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

信号弾の関連キーワードパラシュート通信兵器白燐弾尹世重彩光弾

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信号弾の関連情報