コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信徒使徒職教令 しんとしとしょくきょうれいDecretum de apostolatu laicorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信徒使徒職教令
しんとしとしょくきょうれい
Decretum de apostolatu laicorum

カトリック教会の文書。第2バチカン公会議 (1962~65) が採択した文書の一つ。一般信徒もキリストから受けた使徒的使命を有することを強調し,信徒に固有な使命の目的,特質,種々な活動分野,活動方法,全教会の使徒職や司教との関係,信徒使徒職の養成について論じている。聖職者階級だけでなく,全教会の刷新を目指し,聖職者主義の克服をも意図した公会議の重要文書である。 1965年 11月 18日採択,同日公布された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

信徒使徒職教令の関連キーワードカトリック教会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android