信楽笠(読み)シガラキガサ

精選版 日本国語大辞典の解説

しがらき‐がさ【信楽笠】

〘名〙 滋賀県信楽地方から産出した、大きなかさ。信楽の大笠。しがらき。
※新撰六帖(1244頃)五「雨過るとやまの道の木くれよりしからきかさぞみえかくれする〈藤原為家〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android