信用割当(読み)しんようわりあて(英語表記)credit rationing

翻訳|credit rationing

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信用割当
しんようわりあて
credit rationing

完全競争状態の貸出市場においては、資金の需給は金利の変動によって調整される。しかし、金利の引上げが制度的その他の要因によって制約されているときに資金の超過需要が生ずると、銀行は貸出を、金利機能によらずに、ある種の基準(採算、リスク回避など)によって借り手に割り当てるであろう。この場合、借り手の需要の一部に未充足が生ずる。これが信用割当または信用制限である。この現象は、金融引締め時に公定歩合の引上げ効果を補完するために窓口指導が実施される場合にみられる。たとえば、銀行が信用度の高い大企業に融資を優先すると、金融引締めのしわ寄せは信用度の低い中小企業が受けることになる。これは信用割当の一例である。

[石田定夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例