信田作太夫(読み)しだ さくだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信田作太夫 しだ-さくだゆう

1829-1865 幕末の武士。
文政12年5月16日生まれ。周防(すおう)(山口県)徳山藩士。大島流槍術(そうじゅつ)にすぐれ,藩の槍術指南役となる。京都で周旋方をつとめ,尊攘(そんじょう)運動につくす。文久3年の八月十八日の政変により帰藩。禁門の変のあと藩内の恭順派の手で捕らえられ,元治(げんじ)2年1月14日扼殺(やくさつ)された。37歳。名は徽。字(あざな)は伯懿。号は秋琴。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android