コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俱利伽羅峠 くりからとうげ

1件 の用語解説(俱利伽羅峠の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くりからとうげ【俱利伽羅峠】

石川県河北郡津幡町俱利伽羅と富山県小矢部市との県境にある峠。標高277m。もと栗殻峠と書き,加賀と越中を結ぶ要路で,旧北陸街道が通じていた。峠の近くに俱利伽羅不動,手向神社,不動池,五社権現がある。峠の東には源平合戦で有名な猿ヶ馬場の古戦場があり,〈義仲の寝覚の山か月かなし〉の芭蕉の句碑がある。1878年この峠の北方1kmの天田峠に新道が通じてからさびれ,現在は主としてハイキングコースとして利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俱利伽羅峠の関連キーワード小矢部川倶利伽羅峠津幡町砺波山小矢部津幡倶利伽羅谷砺波の関久世ベローズ工業所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone