要路(読み)ようろ

精選版 日本国語大辞典「要路」の解説

よう‐ろ エウ‥【要路】

〘名〙
① 重要な交通路。主要な道路。
※三代格‐一六・延喜二年(902)七月五日「件橋徃還要路。人迹不絶」 〔北史‐李崇伝〕
② 目的達成に必要な大切な方法・手段。
※興福寺奏状(1205)「今執一仏之名号、都塞出離之要路
③ 重要な地位や職務。権力威勢ある役。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・閑中納涼〈藤原周光〉「誰識炎天抛要路、蕉衣紗帽適吾情
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「封建の時代にても賤民を挙て政府の要路に用ひたることなきに非ずと雖ども」 〔古詩十九首‐其四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「要路」の解説

よう‐ろ〔エウ‐〕【要路】

重要なみち。主要な交通路。「東西交易の要路
重要な地位。「政府の要路につく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android