越中(読み)エッチュウ

  • えっちゅう ヱッチュウ
  • えっちゅう〔ヱツチユウ〕

大辞林 第三版の解説

◇旧国名の一。今の富山県全域。古名。こしのみちのなか。
[3] 「越中褌ふんどし」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 北陸道七か国の一国。天武天皇のとき、越国(こしのくに)が三分されてできた。鎌倉時代は比企・名越氏が守護となり、室町時代は畠山氏の所領。その後豊臣秀吉が支配し、江戸時代は富山藩前田氏の領有となる。廃藩置県後、富山県ついで新川県となり、一時石川県に合併されたが、明治一六年(一八八三)富山県が再び置かれた。
※咄本・露新軽口ばなし(1698)五「さる者絹三尺もとめ、はだの帯にいたし、絹の下の帯をよろこびありく。さる人とはれけるは、かがかとといければ、いや、ゑっ中といふた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越中の関連情報