倉本昌弘(読み)くらもと まさひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉本昌弘 くらもと-まさひろ

1955- 昭和後期-平成時代のプロゴルファー。
昭和30年9月9日生まれ。10歳でゴルフをはじめ,中学3年で広島GCのクラブチャンピオン,高校時代には全日本ジュニアチャンピオン。のち,日本学生選手権4勝,日本アマ3勝,関東アマ2勝などと活躍,昭和55年には中四国オープンでアマチュアとしては史上初のツアー競技優勝をはたす。56年プロテストに合格。同年ツアーデビュー戦の和歌山オープンで優勝。57年全英オープンで4位にはいる。平成5年にはアメリカツアー中心でプレー。26年日本プロゴルフ協会会長。戦績は日本ツアー優勝30回,日本シニアツアー優勝4回(平成26年11月現在)。広島県出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倉本昌弘の関連情報