個体生態学(読み)こたいせいたいがく

精選版 日本国語大辞典の解説

こたい‐せいたいがく【個体生態学】

〘名〙 生態学の一分科。生物個体と環境との関係を研究対象とし、生理学的方法による実験的研究が主体となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の個体生態学の言及

【人類生態学】より

…人類生態学といえば,自然科学的色彩が強く,生命系ないし生物社会の一員としてのホモ・サピエンスの役割を全自然収支の過程とサイクルの中でとらえようとする種生態学species ecologyの一つとして受け取られるにちがいない。人間生態学という場合には,人間の個性を中心とする個体生態学auto‐ecologyから出発する点に特色が認められよう。人文生態学では,人間の社会的・文化的活動に主眼がおかれ,各研究者の立脚する基礎科学の違いによって,社会生態学,文化生態学,経済生態学,政治生態学というように分化する。…

※「個体生態学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android