個別保管/混蔵保管(読み)こべつほかん/こんぞうほかん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

個別保管/混蔵保管

ともに株式等の保管方法のこと。個別保管は、保護預り制度を利用して株式等の証券を証券会社に預けた場合に、預けた証券を預けた者ごとに、個別に保管すること。一方の混蔵保管は、保管振替制度を利用して預けた証券を、預けた者ごとに個別に保管されるのではなく、他に預けた者の同銘柄の証券と区別することなく保管されること。株式などの有価証券を多数の顧客より預託した場合に、同種の証券別に混合して保管する方法のこと。返還の際には同種同量の証券が返還されるため、預けた人ごとに個別に保管する個別保管と対照的となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android