倒れ(読み)タオレ

デジタル大辞泉の解説

たおれ〔たふれ〕【倒れ】

倒れること。ころぶこと。
貸した金などを取り戻せないこと。貸し倒れ。損失。
「もしあがらぬと、あなたのお―ぢゃがようござりますか」〈滑・膝栗毛・五〉
(他の語の下に付き、「だおれ」の形で)
㋐そのものに溺れて身上をつぶすこと。「京の着倒れ、大阪の食い倒れ
㋑見せかけだけで実体が伴わないこと。「看板倒れ」「計画倒れ

だおれ〔だふれ〕【倒れ】

たお(倒)れ3」に同じ。「食い倒れ」「位(くらい)倒れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たおれ【倒れ】

たおれること。また、屈すること。 「恋の山には孔子くじの-まねびつべき気色に/源氏 胡蝶
貸した金などが取り戻せないこと。貸し倒れ。 「子早いが親方大の-也/柳多留 7

だおれ【倒れ】

接尾語的に用いられる。
(動詞連用形に付いて)その行為によって財産を失うこと。 「食い-」 「着-」 「貸し-」
見かけだけで実質がともなわないこと。 「計画-」 「看板-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倒れの関連情報