コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倒産リスクを考慮した特許ライセンス契約

1件 の用語解説(倒産リスクを考慮した特許ライセンス契約の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

倒産リスクを考慮した特許ライセンス契約

「倒産リスクを考慮した特許ライセンス契約」とは倒産可能性の高い企業との間で交わすライセンス契約。特許ライセンス契約においては、ライセンサーである企業の倒産リスクが重要な問題となる。会社更生法や破産法が適用された場合、特許ライセンス契約は打ち切りとなってしまうため、特に倒産リスクの高いベンチャー企業をライセンサーとする契約においては、特許の買取や一時金支払いなど、ライセンサー側に不利な一括支払い型の契約条件になってしまうケースが多い。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倒産リスクを考慮した特許ライセンス契約の関連キーワードライセンス契約サイトライセンスクロス・ライセンスアウトライセンス実施許諾者(ライセンサー)実施権者(ライセンシー)タームシートマーケットリスク友好的ライセンスロイヤルティアプローチ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone