倒読(読み)とうどく

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐どく タウ‥【倒読】

〘名〙 逆に読むこと。さかさまに読むこと。また特に、漢文を訓読する時、返り点をつけて、下の字を読んでから上の字に返って読むこと。
※舎密開宗(1837‐47)内「会爾剌倔は没食子の仏蘭西名、尾爾列の文字を顛倒せるなり。蒲古爾斯も亦其例に倣ひ没食子の邦語尾爾律斯を倒読して須爾剌倔酸と名く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android