コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭王珍 わおう ちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倭王珍 わおう-ちん

?-? 5世紀前半,倭の五王のひとり。
(そう)書」倭国伝によると,兄讃(さん)の死後王となり,宋の元嘉15年(438)中国南朝の宋に遣使し,安東将軍・倭国王の称号がみとめられた。仁徳(にんとく)天皇,あるいは反正(はんぜい)天皇に比定する説がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

倭王珍

生年:生没年不詳
倭の五王のひとり。中国の歴史書『梁書』諸夷伝は弥と書く。『宋書』倭国伝によれば讃の死後,宋に朝貢し使持節,都督倭・百済新羅任那・秦韓・慕韓6国の諸軍事,安東大将軍,倭国王と自称し,正式に任命されることを求めたが,安東将軍,倭国王に任じられたに過ぎなかった。しかし倭隋ら13人の平西・征虜・冠軍・輔国将軍の正式な任命には成功したとする。『日本書紀』にみえる反正天皇に比定する見解が有力。

(関和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

倭王珍の関連キーワード倭王讃生年

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android