偏光面(読み)ヘンコウメン

大辞林 第三版の解説

へんこうめん【偏光面】

光波の進行方向と磁場ベクトルあるいは電場ベクトルの振動方向とを含む面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へんこう‐めん ヘンクヮウ‥【偏光面】

〘名〙 光の振動べクトルのうち、振動磁場と光の進行方向とを含む面。また、振動電場と光の進行方向を含む面。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の偏光面の言及

【偏光】より

…この現象は,光波は横波で,ふつうの光はいろいろな方向に振動する横波を含むと考え,かつ電気石の薄板は結晶軸の方向に振動する横波だけを通す性質をもつと考えることで説明できる。電気石の薄板を通った光のように,一方向にのみ振動する光を直線偏光といい,この振動面を偏光面という。偏光にはこれ以外のものもあるが,単に偏光といえば直線偏光を指すのがふつうである。…

※「偏光面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android