コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏光面 ヘンコウメン

デジタル大辞泉の解説

へんこう‐めん〔ヘンクワウ‐〕【偏光面】

光の進行方向とその電場、または磁場の振動方向を含む面。光は電磁波の一種であるため、電磁波全般については偏波面ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんこうめん【偏光面】

光波の進行方向と磁場ベクトルあるいは電場ベクトルの振動方向とを含む面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の偏光面の言及

【偏光】より

…この現象は,光波は横波で,ふつうの光はいろいろな方向に振動する横波を含むと考え,かつ電気石の薄板は結晶軸の方向に振動する横波だけを通す性質をもつと考えることで説明できる。電気石の薄板を通った光のように,一方向にのみ振動する光を直線偏光といい,この振動面を偏光面という。偏光にはこれ以外のものもあるが,単に偏光といえば直線偏光を指すのがふつうである。…

※「偏光面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

偏光面の関連キーワードステュワート‐キルヒホッフの法則フレネル‐アラゴの第一法則フレネル‐アラゴの第二法則フレネル‐アラゴの第三法則キルヒホッフの輻射法則マリュスの余弦二乗法則ビオの法則(偏光性)偏光複像プリズム磁気光学カー効果カー磁気・光効果ヴェルデの法則ファラデー効果ヴェルデの定数フォークト効果コットン効果Bモード偏光クントの定数ベルデ定数カーセル比旋光度

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android