停雲館帖(読み)ていうんかんじょう(英語表記)Tíng yún guǎn tiè

世界大百科事典 第2版の解説

ていうんかんじょう【停雲館帖 Tíng yún guǎn tiè】

中国,明の書画家文徴明がその子文嘉と共に刻した叢帖。晋・唐の名帖や,宋・元・明の法書を選んで刻し,23年を費やして1560年(嘉靖39)に完成した。名跡を得るたびに増刻したので,4巻本,10巻本,12巻本の3種がある上,章藻功の重刻本など,種類も多いといわれる。選択は極めてよく,真行草の各書体を備えて,明代の最もすぐれた法帖である。停雲は陶潜(淵明)の詩語にもとづく文徴明の書斎の名。【福本 雅一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android