コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽脈岩 ぎみゃくがんpseudodike

岩石学辞典の解説

偽脈岩

この語はミラーが米国,カリフォルニア州のサン・ガブリエル山脈(San Gabriel Mts.)の変成岩の中で見いだした非常に目立った捕獲岩の記載で使用した名称である[Miller : 1945].この捕獲岩または偽脈岩は整合的または不整合的な岩脈に似た長い岩体で,母岩とともの葉片状になっている.この語は特殊なもので一般的ではない.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android