コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記載 キサイ

4件 の用語解説(記載の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐さい【記載】

[名](スル)書類・書物などに書いて記すこと。「詳細は説明書に記載されている」「記載事項」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きさい【記載 description】

生物の分類群を定義するために,主要な形質のすべてについて記述したもの。分類群の特徴を際だたせるためにその群に固有の形質だけを記述したものを記相diagnosisといって記載から区別することがある。分類群を初めて報告する時(新種,新属など)に与える記載を特に原記載という。国際命名規約では,動物名の原記載はラテン語以外の文明国の国語でもよいことになっているが,植物名の原記載はラテン語の記載が伴っていなければ有効ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きさい【記載】

( 名 ) スル
書類などに必要な事柄を書き記すこと。 「住所・氏名を-する」 「 -もれ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

記載
きさい

単語の意味は「書き込まれるものが存在していて、実際にそこへ何かを書き込む行動」であるが、自然科学では、英語のdescriptionの訳語として定着し、「ある実在物について、その性質や状態を、ほかの意味にとられないよう、文字情報化すること」を意味する。
 ただし、科学者間の暗黙の了解事項として、(1)事実について書き、想像や推定の要素をいっさい含まないこと、(2)いったん記載された内容は、真実として受け入れられ、誤りが証明されない限り書き換えられない、という条件があり、記載内容の厳密性を保証するための合意として受け入れられている。多少の例外はあり、たとえば、部分的な化石から古生物の全体像が復元され、その作業いっさいが合法的かつ信頼できる学説などによって保証されている場合は、事実に基づくものではないが、その内容は記載として認められ、事実について書かれたものと同等の扱いを受ける。
 原則的には、記載は論文など、公表される前に第三者による内容の検討などの手続きを経たものが、その適用を受けられることになり、著書や学会などでの口頭発表は、記載に含められないとする見解のほうが多い。
 日常生活に関連して、「記載」という語がよく用いられるのは、公文書、調書、裁判記録、臨床記録などであるが、この語の定義が法律的に正確に定められているものではないようである。
 多くの国家、会社、社会活動団体などでは、関係者や社会の日々の動向を記録する専門職が置かれていることがあり、chronicler(諸事記録人)とよばれている。これは貴族社会の習慣に端を発したものといわれているが、外国の新聞記事などで、主語がchroniclerとなる文章では、動詞としてはdescribe(記載)がよく用いられる。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の記載の言及

【形質】より

… 種や属などの分類群を識別するために,その分類群を代表する形質がとり上げられるが,分類群に固有でそれだけでその分類群を限定できるような形質を指標形質という。形質のすべてを記述したものが記載で,指標形質を記述したものが記相である。指標形質のうち,分類群の識別に有効なものだけを選んで検索表keyをつくる。…

※「記載」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

記載の関連キーワード事業定義ブランド形質系統樹分類階級同定分析的定義異形質タイプ標本絶滅率一定の法則ISO/IEC15408

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

記載の関連情報