コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傍訓 ボウクン

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐くん〔バウ‐〕【傍訓】

漢字のわきにつける読みがな。振りがな。ルビ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうくん【傍訓】

漢字のわきに付ける読み仮名。振り仮名。ルビ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の傍訓の言及

【振り仮名】より

…漢字の読みを示すためにそのわきにつけた仮名。古くは〈傍訓〉とも〈つけ仮名〉ともいった。また印刷したものは,特に〈ルビ〉ともいい,文章の中の漢字すべてにつけたものを〈総ルビ〉,一部につけたものを〈パラルビ〉という。…

※「傍訓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

傍訓の関連キーワード大新聞・小新聞書言字考節用集絵入自由新聞和刻三言振り仮名中島浮山三国幽眠ふりがな大矢透尺振八遊仙窟助仮名

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android