コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳目 ジボク

デジタル大辞泉の解説

じ‐ぼく【耳目】

じもく(耳目)

じ‐もく【耳目】

耳と目。聞くことと見ること。見聞。「耳目を広める」「耳目に触れる」
多くの人々の注意。「世間の耳目を集める」
ある人の目や耳となって、仕事を助けること。また、その人。「長官の耳目となって働く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じもく【耳目】

耳と目。見聞。
人々の注意・注目。 「世の-をひく」 「 -を集める」
自分の見聞したことを知らせ、その人を補佐すること。また、補佐する人。 「総理の-となる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

耳目の関連キーワードアテンション・ゲッター木・沐・目・默・黙センセーション渡具知東原遺跡スペイン内乱見る目嗅ぐ鼻バリモント西儒耳目資火星の運河サージソングルーポングラズノフ藤原基衡耳目の官渋川玄耳走らかす田代松意藤枝外記ハムデン監察御史

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耳目の関連情報