コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳目 ジボク

デジタル大辞泉の解説

じ‐ぼく【耳目】

じもく(耳目)

じ‐もく【耳目】

耳と目。聞くことと見ること。見聞。「耳目を広める」「耳目に触れる」
多くの人々の注意。「世間の耳目を集める」
ある人の目や耳となって、仕事を助けること。また、その人。「長官の耳目となって働く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じもく【耳目】

耳と目。見聞。
人々の注意・注目。 「世の-をひく」 「 -を集める」
自分の見聞したことを知らせ、その人を補佐すること。また、補佐する人。 「総理の-となる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

耳目の関連キーワードアテンション・ゲッター木・沐・目・默・黙渡具知東原遺跡センセーション見る目嗅ぐ鼻スペイン内乱グルーポンサージソン西儒耳目資バリモントグラズノフ火星の運河田代松意ハムデン臥雲辰致柳原白蓮藤原基衡西洋雑誌藤枝外記監察御史

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耳目の関連情報