コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債務奴僕制 さいむどぼくせい kabal'noe kholopstvo

1件 の用語解説(債務奴僕制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

債務奴僕制
さいむどぼくせい
kabal'noe kholopstvo

中世ロシアにおける債務に基づく人身隷属の一形態。特に 15~17世紀,債務者が貴族,官僚,商人などの屋敷で,債務に相当する労働,勤務に従事する場合をいう。債務奴僕は法的には自由民だったが,のち次第に債務償還後の退去権を失い,終身隷属の状態となり,農奴制成立の一契機をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

債務奴僕制の関連キーワードイーゴリ公派生社会ロシア文学送付債務地域大国《コモン・センスの諸原理に基づく人間精神の探究》銅フタロシアニン《ロシアにおける資本主義の運命》《ロシアにおける資本主義の発達》《ロシアにおける農奴制の起源》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone