コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債務奴僕制 さいむどぼくせいkabal'noe kholopstvo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

債務奴僕制
さいむどぼくせい
kabal'noe kholopstvo

中世ロシアにおける債務に基づく人身隷属の一形態。特に 15~17世紀,債務者貴族官僚商人などの屋敷で,債務に相当する労働,勤務に従事する場合をいう。債務奴僕は法的には自由民だったが,のち次第に債務償還後の退去権を失い,終身隷属の状態となり,農奴制成立の一契機をなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

債務奴僕制の関連キーワードホロープ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android