傷口・疵口(読み)きずぐち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「きずくち」とも)
① きずついたところ。皮膚にきずができているところ。
※三河物語(1626頃)一「きずを引はなして、能きず口(クチ)を合而」
② (比喩的に用いて) 人の欠点、過去のあやまちなどをいう。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉六「結婚なんかは、いざと云ふ間際になって飛んだ所に傷口が隠れて居るのを見出す事がある者だから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android