コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧舞 そうぶsǔngmu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧舞
そうぶ
sǔngmu

朝鮮民俗舞踊の一つ。妓生 (キーサン) 1名が黒長衫に赤い袈裟を肩から掛け白い僧帽をかぶって舞う。仏教徒儒教徒との党争が激しく行われた高麗朝の末に,宰相の娘,黄真が僧衣をつ着けて濃艶に舞い,有徳の高僧万石僧を破戒させたという伝説に基づくもの。舞の終りに,万石僧の煩悩を表わす太鼓の曲打ちがある。音楽は3拍子系のリズム (クッコリ) で,念仏や打鈴を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

僧舞の関連キーワードチョ・ジフン(趙芝薫)民族舞踊朝鮮舞踊崔承喜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android