先天性脳腫瘍(読み)せんてんせいのうしゅよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先天性脳腫瘍
せんてんせいのうしゅよう

胎生期組織の遺残,迷入などによって発生する脳腫瘍で,奇形腫,類皮腫,類上皮腫,脊索腫,頭蓋咽頭腫などがこれに属する。多くは良性腫瘍周囲の脳組織との境界が明瞭であり,摘出手術が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報