コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先潜り サキクグリ

3件 の用語解説(先潜りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さき‐くぐり【先潜り】

[名・形動](スル)
先回りしてこっそりと物事を行うこと。
「―して矢張り東京で、何処ぞに匿(かく)したものに相違ないと」〈二葉亭其面影
人の言動の先を悪いように推量して、かってにこうだと決めてしまうこと。また、そのさま。
「―な言葉を許して貰いたい」〈里見弴多情仏心

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さきくぐり【先潜り】

先まわりしてこっそり物事をすること。さきまわり。 「異存は無いと-をして金当の伯父さんに話して了しまつた/社会百面相 魯庵
ひがんで悪く推量すること。邪推。さきぐり。 「はや涙ぐむ娘気の-せし案じ顔/人情本・梅児誉美 4

さきぐり【先潜り】

さきくぐり(先潜) 」に同じ。 「何を-して、其様なることいひけるぞや/慨世士伝 逍遥

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone