先潜り(読み)サキクグリ

デジタル大辞泉の解説

さき‐くぐり【先潜り】

[名・形動](スル)
先回りしてこっそりと物事を行うこと。
「―して矢張り東京で、何処ぞに匿(かく)したものに相違ないと」〈二葉亭其面影
人の言動の先を悪いように推量して、かってにこうだと決めてしまうこと。また、そのさま。
「―な言葉を許して貰いたい」〈里見弴多情仏心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さきくぐり【先潜り】

先まわりしてこっそり物事をすること。さきまわり。 「異存は無いと-をして金当の伯父さんに話して了しまつた/社会百面相 魯庵
ひがんで悪く推量すること。邪推。さきぐり。 「はや涙ぐむ娘気の-せし案じ顔/人情本・梅児誉美 4

さきぐり【先潜り】

さきくぐり(先潜)」に同じ。 「何を-して、其様なることいひけるぞや/慨世士伝 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android