コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学式手ぶれ補正 コウガクシキテブレホセイ

1件 の用語解説(光学式手ぶれ補正の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうがくしき‐てぶれほせい〔クワウガクシキ‐〕【光学式手ぶれ補正】

デジタルカメラ・ビデオカメラなどで撮影する際の手ぶれを防ぐための機構の一。撮影者の手ぶれをセンサーで感知し、レンズに組み込んだ補正レンズや液体プリズムを動かすことで光軸を正しく補正する。レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラの場合、各レンズに補正機構を搭載する必要があるが、ファインダー内の像が安定して撮影しやすく、フィルム一眼レフカメラでも使用できる。レンズシフト手ぶれ補正。→イメージセンサーシフト式手ぶれ補正電子式手ぶれ補正

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光学式手ぶれ補正の関連キーワードDVカメラデジカメデジタルビデオカメラピクトブリッジ盗撮ビデオカメラコンパクトデジタルカメラスチールカメラビデオケーブルフィルムカメラ

光学式手ぶれ補正の関連情報